【地方創生を創生する】新潟大学創生学部のレポートをのせる ~長野県上田市の事例~ vol.1

この記事は約5分で読めます。

オンライン授業が始まり初めてのレポート課題が出されたので、いっそのことブログに書いちゃいます!

OWABLOG
OWABLOG

せっかく頑張ってレポート書いても誰のも読まれなかったらつまらないしね!

※実際のレポートは文字制限があったり文体も固いので、ブログ用に具体例・図・文調を変えています

レポート課題

 出身地など市町村を一つ挙げ、地方公共団体による、地域の弱みを克服する取り組み(あるいは、地域の強みを活かす取り組み)を評価し、改善策を提案せよ

(平成24年度、平成30年新潟県公務員試験[二次]を改題)

OWABLOG
OWABLOG

公務員試験ってこんなこと書くんだ・・・

概略

・自分の出身地長野県上田市は人口減少・少子高齢化している=出身地の弱み

・地域の弱みを克服する取り組み=上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略

上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略 - 上田市ホームページ

・改善策=「目標の共通理解」「住民の主体的活動の促進」

OWABLOG
OWABLOG

我ながら、お堅い文章です

上田市の現状

数値に差はあれども、どこでもほぼ同じような感じなのでは?と思います。

評価できること

上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、

第二次上田市総合計画を基本とし、人口減少や超高 齢化が急速に進展する中で、人口減少を抑えバランスのとれた人口構造を目指すための施策を構築 するとともに、地域社会の維持・活性化に向けた施策をさらに深化、展開を図るものとして平成27年度 に策定したものです。 本総合戦略の着実な実行により、若年層をはじめ、あらゆる世代が「住みたい、住み続けたいと思う上 田市」になることを目指しています。

OWABLOG
OWABLOG

上田市を出てこのレポートを書くのは胸が痛むなー

これを見て、レポートに

人口増加の為に雇用、結婚、子育て、環境、魅力、長寿といった地方創生を語るうえで出てくるものを解決しようとする思いが受け取れる。
 解決策として移住・移民のサポート体制やアウトリーチによる子どもと芸術家とのふれあい事業など、あまたの活動も行われている
こういった、住民や未来の住民候補に対する生活体制の維持・改善の取り組みは評価すべきことである。

と書きました

改善策

私が考える改善点は、「目標の共通理解のなさ」「住民の主体的活動の促進」の二点である。
ⅰ、目標の共通理解のなさ
 私は小学校から高校まで全て公立であったため、先ほど例に出した「アウトリーチによる子どもと芸術家とのふれあい事業」の一環の演劇や演奏会を見に行ったことがある。これらは学校単位で鑑賞するのだが、なぜこんなものを見る必要があるのか理解しておらず、言われた記憶もなかった。(実際は言われてたかも)

ⅱ、住民の主体的活動の促進
 地方公共団体という大きな組織が改善しようとしても万人が恩恵を受けるわけではない。どうしても取捨選択が生じる。零れ落ちた事柄をすくいあげるために住民による活動を促進すべきである。
ⅰの解決策は、目標の周知体制を確立することである。こう聞くとインターネット発信が思い浮かぶが私は逆にアナログな周知を行うべきだと思う。それは、これからどんどん増える高齢者はインターネットを活用できる人が少ないからだ。アナログのバリアフリーが急務である。
ⅱの解決策は、いかにして行動したい人を増やすかである。すでに、上田市にある商店街海野町では住民主体の活動が行われている。お祭りや、演劇家、映画監督などを呼び上田市内外から人がやってくる。そういった企画の運営側に入り込めるような方法を確立できれば、少数精鋭の住民が多数精鋭に変わる。結果として町全体が新たな地方創生を創生できることが期待できる。

改善策を深める

ここから先はレポートには書ききれなかった内容です。

 

進める前に、

私自身はこれからいくら地方再生の手立てを打ったとしても人口は増えないし(ほぼ変化しなくなることはある)高齢化を抑えることはできないと思っています。

もっと言えば、ある土地にずっと住み続ける事自体なくなるかもしれません。(業務、授業のオンライン化)

OWABLOG
OWABLOG

いずれ、都市を中心としたコンパクトシティ化が進み地方は自治区(土地税などがない代わりに公共団体は一切手を出さない地区)になる気がする・・・

 

こう思っている男が考える地方創生に対する意見です

共通理解

これは書いて字のごとくなんですが、目標がなければ行動の意味づけなんてできないという事です。

意味付けの話【学校・勉強・自粛する意味】
OWAが記事を書いていきます! 新型コロナウィルス(COVID-19)が猛威を振るい全てが止まっている気がする今日この頃。 OWABLOG 学校行く意味とか、勉強する意味とか、自分がいつもやってることに...

意味付けの詳しい話はこちらの記事からどうぞ!

住民の主体的活動の促進

上田市の海野町商店街は住民の主体的活動の中心地(?)です。私自身雷門ホールの文字が特徴的な上田映劇(晴天の霹靂のロケ地)で映画監督とトークショーをさせて貰ったり、写真展をひらかせてもらったり・・・

OWABLOG
OWABLOG

頭があがらない

自分たちで行動を起こし、結果的に地方の創生につながるという循環が一番です。

 

 

しかし、現在の地方創生は逆を進んでいます。

地方創生のための行動なのか、行動の結果が地方創生なのか

コメント

タイトルとURLをコピーしました