セザー・ヒダルゴ 政治家をあるものに置き換える大胆な構想【TEDトーク】

TEDトーク
この記事は約4分で読めます。

今回紹介するのは・・・

政治家をあるものに置き換える大胆な構想

概略

セザー・ヒダルゴが、今の壊れた政治システムを正すためのラディカルな提案をしますーーシステムを自動化するというのです。この刺激的なトークで彼が紹介する大胆な構想は、政治家を介さずに、個々の市民に合わせて作られたAIの代表者を民主主義的決定に直接参加させるというものです。集団的意思決定の新たな方法についての考え、民主主義の理解を深めてください。

民主主義への失望

世界の過去三十年間の大統領選挙への平均投票率は67%。ヨーロッパの欧州議会議員選挙は42%。ニューヨークの直近の市長選は24%

OWABLOG
OWABLOG

日本も投票率が低いことが問題になってるけど・・・世界中で同じ悩みがある!

みんな政治家にうんざりしている!?

民主主義の脆弱性

友達や家族とのやり取りのデータが他人に使われ政治宣伝の標的にされるなど、対象に応じて政治宣伝を行うのは民主主義の脆弱性からです。

※代表制を図示

原則として民主主義は人民が権力を行使できるようにするものですが、実際は自らの代表者に権力を移譲し代表者が権力を行使します

OWABLOG
OWABLOG

この「代表者」が弱点に

民主主義を掌握するには代表者を掌握するか、選任方法を掌握する必要があります。

問題は、これが最善なのかそれとも他の方法があるのかという点です。

 

他の方法の一つが直接民主主義です。

しかし決めることが多すぎて現実的ではありません。例えば、米国議会(2015-2016)では下院は6千件以上の法案を審議し、上院は三千件以上の法案を審議しました。そのうえ、ほとんど知らない分野の事ばかりです

ここで課題となるのが人の認知処理能力です

※リキッドデモクラシー(流動体民主主義)という委任関係を重ねていく方法もありますが本質は代表制と一緒です

政治家の自動化

政治家を介するのをやめる代わりに政治家を自動化するのはどうでしょうか? 私たちは民主主義を良くするにはコミュニケーションが大切だと考えてきました。

OWABLOG
OWABLOG

その結果、新聞やソーシャルメディアのようなコミュニケーションを増やすものが出てきた!

しかし、それでは問題は解決しません。コミュニケーションの問題ではなく認知処理能力の問題だからです。(コミュニケーションを増やせばよいってわけじゃない)

 私たちがさばききれないコミュニケーションの処理を手助けしてくれる技術が必要となるのです

OWABLOG
OWABLOG

自分の代わりに考えてくれる何かが必要!

直接民主主義

ソフトウェアエージェント

自分やほかの何百万人もの代表者を立てる代わりに自分に固有の政治的見解を備えた自分だけの代表者を立てるのです。

OWABLOG
OWABLOG

ある時は、リベラルに。ある時は、保守的に。

現在の政治家は多くの妥協をしなければなりません。ここで、”代表は人間でなければならない”という考えを捨てられれば自分だけの”代表”を立てられるかもしれません。(市民と同じ数の議員で議会を構成できる)

どうやって実現するのか

映画「サマーウォーズ」を想像してください。

システムにログインして自分のアバターを作りアバターの訓練をします。

OWABLOG
OWABLOG

読書傾向やSNS、心理テストを行って訓練!

※ここには、友達や家族とのデータが政治システムに使われる”だましうち”が存在しない

設定後、自分のアバターにまかせっきりにも、自分で制御も、判断時だけ自分で行うこともできます。(民主主義の悪い点は、このようなユーザインターフェイスが悪いからかもしれません。)

・どうやってアバターを訓練するのか?

・データの安全性は?

・どうやってシステムを普及させるのか?

・どうやって検証可能とするのか?

・インターネットを使えない80歳の祖母はどうなるのか?

 

こういう構想を考えるとき、悲観主義者になてはいけません。どんな解決策にも文句がある人たちですから。もっと高い視座から考えると・・・これらの疑問は細かいことです

OWABLOG
OWABLOG

全部、これが機能しない理由についての疑問ばかり・・・

大切なのは

もしこれが機能したら他の何ができるのか考えるべき!

 

セザー・ヒダルゴさんは今後NPOや大学、図書館などで利用していくことで徐々に信頼を獲得できるよう活動していくそうです。

Cesar A. Hidalgo

 

ということで、今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました