グレタ・トゥーンベリ 気候のための行動への心開かれる訴え【TEDトーク】

TEDトーク
この記事は約4分で読めます。

今回紹介するのは・・・

気候のための行動への心開かれる訴え

概略

16才の気候変動活動家のグレタ・トゥーンベリは、2018年8月に学校を飛び出して地球温暖化への関心を高めるためのストライキを組織し、スウェーデン議事堂前で抗議活動をして世界中の注目を集めました。行動を求めるこの情熱に満ちた呼びかけで、グレタは活動する理由を説明しています。「気候危機はすでに解決されていて、事実や解決策はすでにそろっています、あとは目を覚まして行動を変えさえすればいいのです」

環境問題への目覚め

8才ごろに、初めて気候変動や地球温暖化について耳にしたそうです。それは人間の生活様式がもたらしたものでした。

OWABLOG
OWABLOG

人間は他と同じ動物の一種に過ぎないのに地球の気候を変える力があるのはとても変だと思ったそう

人間にそんな力があって気候変動が起こっているのなら他のことは話題にもしないはずなのに、ニュースやラジオ、新聞では全く環境問題のは話をしません。化石燃料を燃やすのが私たちの生存を脅かすほどわるいことなら、なぜ前と変わらない生活が続き、何の制限もなく、また違法とされないのでしょうか?

OWABLOG
OWABLOG

こういった悩みからグレタさんは11才で病気に・・・

のちに、アスペルガー症候群強迫性障害選択的無言症と診断されました。

精神病が法の下の平等を壊す時代~裁判の話~
精神病が不平等をもたらしていると思いませんか?今回はそんな話です。そんな世界にたいして私たちはどんなことができるでしょうか?考えていきます。

持続可能性の危機

持続可能性の危機の話になると、気候変動は生存を脅かしていて何より重要な問題だとみんな言い続けていながらこれまでと変わらない生活を”持続”します生き残りの問題においては白か黒かであり、グレーの部分は存在しません。(文明を継続するのか否か)

 

私たちは変わる必要があります

 

裕福な国は少なくとも年15%の排出削減を開始する必要があります。気候上昇を「2度未満」に抑えるためです。IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)は「1.5度未満」にした方がよいとしています

温室ガスがすでに自然界に取り込まれていることや、大気汚染が気温上昇を隠していて化石燃料を使うのをやめたとしても0.5度から1.1度もの追加気温上昇要因があることも、私たちは第6の絶滅期の真っ最中にいるという事実をメディアやリーダーは述べません。

パリ協定のあらゆる箇所で明確に宣言されているにも関わらず、衡平性(複数の主体の間である利益または負担の配分がなされる際に、すべての関係者がある程度は納得するような配分の結果ないしは手続きに関する基準)気候正義(温暖化は自然現象ではなく人為的なもの、少数の強者が最も責任を問われる加害者であり、多数の弱者はそのツケで苦しむという、不公正かつ社会構造的な暴力。そうした不正を正し、生態系や人権に配慮した取り組みで、温暖化を解決すべきということ)についてほとんど語られていません。

OWABLOG
OWABLOG

全てがそろっている裕福な国が排出量を減らなさなければ、その他の国々が環境に気を払うことはない

 

なぜ、私たちは排出量を減らさないのか?

私たちがこれまで通りの生活を続けているのは、今後日常生活にどんな結果をもたらすのか大多数の人は全く知らず、速やかな変化が必要なことを知らないからです。

 

では、どうやって知ることができるのか

 

残念ながら、目に見える影響は出てきていません。そのうえ、将来のことを考えるとき人々は2050年以降のことは考えません。その先は何が起きるのでしょう。いますぐ行動するかどうかが、子供や孫の人生に影響します。

OWABLOG
OWABLOG

行動する時間があったのに、なぜ何もしなかったのか孫や子供に聞かれるかも

そのため、グレタさんは心をきめ、スウェーデン議事堂の前で座り込みをしました。

学校に行くべきだという人もいるし、勉強して環境科学者になり「気候危機を解決」したら良いと言う人もいます。

 

しかしすでに気候危機は解決されています

 

すでに事実と解決策はそろっています。あとは目を覚まして行動を変えさえすれば良いのです。

 

将来を守るためのことを誰もしていないのならもはやなくなる将来に向けてなぜ勉強すべきだと言えるのでしょう?

OWABLOG
OWABLOG

いいこと言うなー

教育システムが生んだ最優秀な科学者による最も重要な事実が、政治家や社会にとって明らかに何の意味も持たないのならその同じ教育システムで事実を学ぶ必要があるのでしょうか?

 

スウェーデンは小さな国だから何をしても無駄だという人もいますが子供が何人か数週間学校に行かないだけで世界中の見出しを飾れるのなら素晴らしいことです

これまで30年間励ましやら明るいアイディアを聞かされてきましたが効果はありませんでした。

 

しかし

希望より必要なのは行動です

行動を始めれば希望が生まれます

だから希望を求めるのではなく行動を求めましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました