フォレスト・ガンプ/一期一会【映画感想、評価、レビュー】~名言盛りだくさんの名作~

おすすめ映画
この記事は約6分で読めます。

今回は、トム・ハンクス主演の映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」です!

OWABLOG
OWABLOG

名言盛りだくさんの映画です!

あらすじ

頭は少し弱いが、誰にも負けない俊足と清らかな心をもった男フォレスト・ガンプの数奇な人生を、アメリカ現代史と重ねて描き出していくヒューマンドラマ。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス。主演にトム・ハンクス。知能指数が人よりも劣っていたが、母親に普通の子どもと同じように育てられたフォレスト・ガンプは、小学校で優しく美しい少女ジェニーと運命的な出会いを果たす。俊足を買われてアメフト選手として入学した大学ではスター選手として活躍。卒業後は軍隊に入り、ベトナム戦争で仲間を救って勲章をもらい、除隊後はエビ漁を始めて大成功を収める。しかし、幼い頃から思い続けているジェニーとは再会と別れを繰り返し……。第67回アカデミー賞で作品賞ほか6部門を受賞。ハンクスは前年の「フィラデルフィア」に続き2年連続で主演男優賞を受賞した。 https://eiga.com/movie/48663/より

 

※「フォレスト」は白人至上主義団体であるクー・クラックス・クランの結成者として知られるネイサン・ベドフォード・フォレストから。「ガンプ」(“gump”) はアラバマ州の方言で、「うすのろ」「間抜け」「愚か者」を意味する 。

 

 

以下、ネタバレです!

 

 

映画感想

 ちょいと、とんとん拍子に事が進みすぎだったけど・・・ 

後半は深い

 生まれつき背骨の形が悪く歩けない体だったため矯正具をつけ、そのうえ知能指数も低かったフォレスト・ガンプ。このように、多くのハンデを持つ彼のヒューマンドラマです。

違いがあることはしょうがないけど、機会は平等に!そんなメッセージが前半中心にあります。

フォレスト・ガンプのおおまかな人生

ⅰ大学時代はアメフトで国代表
ⅱベトナム戦争に従軍し勲章を受ける
ⅲ卓球でアメリカ代表に
ⅳ漁業(エビ漁)で成功
ⅴ投資が大当たり

ババ・ガンプ・シュリンプ|レストラン | WDI GROUP -WORLD DINING INSPIRATIONS
レストランブランドを国内外で展開する外食事業会社WDI GROUPのブランド、ババ・ガンプ・シュリンプのご紹介です。アカデミー賞受賞映画「フォレスト・ガンプ」をテーマにした、ババ・ガンプ・シュリンプのこだわりをご覧ください。

この物語自体はフィクションなのですが、フォレスト・ガンプが作ったエビ会社Bubba Gump Shrimp Co.をモチーフとしたお店が存在します。

ただ走って仲間を助けたり、足が速かったからアメフトの選手になったり、Appleのことを「フルーツ会社」だと言ってみたり・・・

また、アラバマ州の人種隔離や、ケネディ大統領、ウォーターゲート事件などアメリカで起こった事件も出てきます。

OWABLOG
OWABLOG

でも、フォレスト・ガンプは頭がよくないので深く捉えることなく、軽く触れる(コメディタッチ)程度でしか登場しない

人生はチョコレート箱

Life is like a box of chocolates.You never know what you’re going to get.
「人生はチョコレートの箱。開けてみるまで中身はわからない」

どんなことでもやってみないと分からない。そう伝えてくれる名言です。正直なところ、前半は運がよかったからうまくいったとも言えますが・・・ 一期一会という副題もそういった意味でつけられたはずです。

OWABLOG
OWABLOG

チョコレート箱という言葉を使っているという事は、どんなことに挑戦しても結局ワクワクする事ばかりだと伝えたいのかも!

前に進むには・・・

You got to put the past behind you before you can move on.
「前に進むためには、過去は後ろに置いてきなさい」

過去にとらわれず、前に進もうといった内容です。

OWABLOG
OWABLOG

ホリエモンが近畿大学のスピーチで同じことを言っていたなぁ

堀江貴文のスピーチ「情報を集めて行動せよ」@近畿大学
https://owablog.com/%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%90%e6%98%a0%e7%94%bb%e6%84%9f%e6%83%b3%e3%80%81%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%80%81%e3%83%ac%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%80%91%ef%bd%9eelton-john/

エルトンジョンの曲「Goodbye Yellow Brick Road」と反目するところだけど・・・まぁ見なかったことにしておきます。

羽根が意味すること

I don’t know if we each have a destiny, or if we’re all just floating around accidental like on a breeze, but I think maybe it’s both. Maybe both is happening at the same time.
僕らはみんな運命があるのか、それとも風に乗って彷徨ってるのか? たぶん両方。両方が同時に起こっているんだ

この映画は、最初と終わりに「一枚の羽根」が登場します。風に乗って彷徨っているのです。しかしあてもなく彷徨っているように見えてますが結局フォレスト・ガンプの足元に落ちてきます。このシーンが「I don’t know if ・・・」を象徴しているのです。

 

つまり・・・

この映画自体(フォレスト・ガンプの人生を含む)が偶然風に乗って彷徨っているように見せながら、実はなるべくしてなった「運命」が存在していると暗に示しています。

実存か本質か

サルトルは「ドイツ占領下にあったときほど、自由であったことはなかった」と言った
サルトルさんの自由の刑の話から、ブログを書き始めた理由を書いています!

僕らはみんな運命があるのか、それとも風に乗って彷徨ってるのか?=運命があるのかないのか?

この疑問に様々な哲学者たちが取り組んできました。リンクを乗せたサルトルは「実存は本質に先立つ」と述べました。

※実存=存在していること(風に吹かれ彷徨っている状態)※本質=なぜ存在するのか、目的や運命のこと

OWABLOG
OWABLOG

私たちは、運命などなく自由に未来を選べるという意味!

しかし、今回の映画はどちらも同時に存在すると示しました。普通なら矛盾すると考えられますが見事に共存させた名作です。

 

 

という事で今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました