【トロッコ問題】5人と1人どちらを助けるか~暴走する路面電車~

社会問題
この記事は約3分で読めます。

一度は聞いたことがあるはず、「トロッコ問題」について書いていきます。

トロッコ問題とは?

線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。

そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。
(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?
なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/トロッコ問題より

この問題は、(間接的に)自分の手でアクションを起こし確実に一人を殺すか、何もせずに5人を見過ごすかという問題です。

 

では、両方のパターンについて書いていきます

1人を殺す

分岐器を切り替え、一人を殺す選択にはどんな問題があるのでしょうか。こちらのパターンをとると「命の数」がキーワードになります。

 

5人の命は1人より重いのは事実です。(ここではただの人間であり、友好関係や血縁など自分とは関連がない)これは、「功利主義」の考えと同じです。どちらを選択すれば利益が大きいかは一目瞭然です。しかし、人間を単なる利益としてとらえるのに抵抗も感じます。その抵抗感が「道徳観念」です。

5人を見過ごす

こっちの場合は、全く正反対の決断根拠と抵抗感があります。道徳観念にのっとった決断(自分の手で人を殺したくない)により5人を見過ごすのです。しかし、「1人より5人を助けた方がよかったんじゃないか?」という抵抗感を抱いてしまいます。

自分の考え

では、私自身はどちらを選ぶか書いていきます。私は5人を見過ごす方を選びます。その根拠は二つあります。

1完全責任主義

私の考え方 1
  初投稿です。今後ブログを書いていくうえで、文章展開の基礎となる思想について書いていきますメニュー完全責任主義同一性と非同一性との同一性他者の物体視この記事はフォントなどがめちゃくちゃなので、こちらの改訂版をご...

2他人の物体視

私の考え方3
 メニュー完全責任主義同一性と非同一性との同一性他者の物体視こちらの記事はフォントなどがごちゃごちゃしているのでこちらの改訂版をご覧ください 今回は三番目の「他人の物体視」について書いていきます。この考えは以前見た映画「三島由紀夫vs東大全

まず、完全責任主義(造語)です。この問題の5人がどうしてそこにいるかなどは詳しく示されていませんが、少なくとも線路上にいることに対する責任があります。

OWABLOG
OWABLOG

無理やり働かせられているかもしれないけど・・・ 自分の意志で選んだ仕事をしていると捉えて考えます

つまり、分岐器を操作しなければ彼らは責任の持つリスクに殺されたと言えます。そこに第三者が踏み込むのは野暮です。

 

二つ目の根拠である他人の物体視に関して言えば、ここに出てくる人に家族や恋人といったバックグラウンド=主観的、感情的要因を見出すと幸福量の大きな方を助けようと考えます。この点が他人の物体視に反する点です。そのうえ、自分の意志を加える(分岐器を変える)か否かとの選択もあります。自分の意志で何か(ここでは1人)を殺すぐらいなら、手を出さずに5人を見殺しにする方が自分にとって楽です。

OWABLOG
OWABLOG

言い換えれば、5人の死の責任を外部に押し付けられるから自分の行動の正当性を確立しやすい

どんな形であれ、意思による命の強奪は事故死より罪の意識が大きいです。

 

 

実はこの問題は自動運転技術の分野でも注目されています。トロッコが自動車に変わればAIは土地の判断を取るのでしょうか?「AIに意志が存在するかどうか」が判断するおおきな鍵になる考えています。

 

 

ということで今回は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました