ミニョネット号事件に対する意見~功利主義と道徳~【人を殺して生きる】

社会問題
この記事は約5分で読めます。

船が難破し、漂流したとします。数人の仲間の一人が海水を飲み脱水症状+瀕死状態。食料もありません。あなたは、瀕死状態の仲間を食べることに賛成しますか?

功利主義と道徳の戦い第三弾は、ミニョネット号事件についてです。

【トロッコ問題】5人と1人どちらを助けるか~暴走する路面電車~
トロッコ問題には功利主義の考えと道徳観念のせめぎあいです。「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」
オメラスから歩み去る人々【あらすじ・全文】~功利主義か道徳か~
功利主義と道徳のせめぎあいの話「オメラスから歩み去る人々」 現代の格差問題にも通じる問題です。ベンサムの量的快楽主義(快楽は量で決まる)・ミルの質的快楽主義(快楽は量では決まらない)の観点、また、道徳的観念から考えていきます。子供の基本的人権を抑制すべき?

ミニョネット号事件とは

事件の概要

1884年7月5日、イギリスからオーストラリアに向けて航行していたイギリス船籍のヨットミニョネット号 (Mignonette) は、喜望峰から1600マイル(約1800キロメートル)離れた公海上で難破した。船長、船員2人、給仕の少年の合計4人の乗組員は救命艇で脱出に成功したが、艇内にはカブの缶詰2個以外食料や水が搭載されておらず、雨水を採取したり漂流5日目に捕まえたウミガメなどで食い繋いだりするが、漂流18日目には完全に底をついた。19日目、船長は、くじ引きで仲間のためにその身を捧げるものを決めようとしたが、船員の1人が反対した為中止された。しかし20日目、船員の中で家族もなく年少者であった給仕のリチャード・パーカー(17歳)が渇きのあまり海水を飲んで虚脱状態に陥った。船長は彼を殺害、血で渇きを癒し、死体を残った3人の食料にしたのである。

裁判

24日目に船員3名はドイツ船に救助され生還したが、母国に送還されると殺人罪で拘束された。しかし彼らは人肉を得るためパーカーを殺害したのは事実だが、そうしなければ彼ら全員が死亡していたのは確実であり、仮にパーカーが死亡するのを待っていたら、その血は凝固してすすることはできなかったはずであると主張した。
そのため「カルネアデスの板」に見られる緊急避難を適用した違法性の阻却が考えられたが、イギリス当局は起訴。最初の裁判の陪審員は違法性があるか否かを判断できないと評決したため、イギリス高等法院が緊急避難か否かを自ら判断することになった。この事案に対して、イギリス高等法院はこれを緊急避難と認めることは法律と道徳から完全に乖離していて肯定できないとし、謀殺罪として死刑が宣告された。
しかし、世論は無罪が妥当との意見が多数であったため、当時の国家元首であったヴィクトリア女王から特赦され禁固6ヶ月に減刑された。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニョネット号事件より

※カルネアデスの板:一人の男が壊れた船の板切れにすがりついたが、そこに来た者を突き飛ばして水死させたが罪に問われなかった事件

現在の法律では・・・

日本の刑法は緊急避難の原則として、

自己又は他人の生命、身体、自由又は財産に対する現在の危難を避けるため、やむを得ずにした行為は、これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった場合に限り、罰しない

と規定しています(刑法37条1項)。

逆に、被害を受けたor受ける可能性がある人の正当防衛も認められています。(刑法第36条)

急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

OWABLOG
OWABLOG

緊急であるかはまた別の議論になるけど・・・

 

【大学】法学ってつまらない?
はいどうも皆さんこんにちは。そしてお久しぶりです。まきまきです。 先日、ZOOM飲み会の中で友達にこう言われました。 まきまき 法学って、 六法全書を暗記するものじゃないの? 正...

※法学については、友人がおもしろさを書いてくれたのでこちらもご覧ください

 

 

以下、法律的観点とは別に考えていきます!

スポンサーリンク

功利主義と道徳

ここでは二つの議題が出てきます。

給仕のリチャード・パーカーを殺すことで得られる利益は、そのコスト(不利益)を上回るのか?という点と、上回っているとしても社会的理由から抵抗感が生まれるのでは?という点です。

ここから分かるのは、功利主義と道徳には「結果に左右されるか否か」という根本的違いです。

 

詳しく説明すると、パーカーの命一つでその他大勢の命が助かったという結果で判断するのが功利主義で、大勢が助かろうが関係ない(考慮に入らない)のが道徳的考え方です。私たちが考えるべきなのは、計算を度外視して道徳を優先することができかです。

OWABLOG
OWABLOG

どちらを選ぶかに答えはない!

 

 

私の考え

今回の問題に関しては、功利主義の立場です。理由は、命にはそれぞれ価値があると思うからです。

OWABLOG
OWABLOG

道徳側の考えも分かるけど・・・

もっと深堀りします。

「何をもって計算を成り立たせるのか?」これが深堀りのテーマです。単純に命1つで命5つが助かるという人間を物体視した計算では割り切れないのが人間です。根本には人それぞれ価値が違うからです。

命の価値って区別ない?それとも不平等なもの?~戦争映画からSNSの誹謗中傷を捉える~
戦争映画から命の価値を考えます。答えは「名前」。理性を認めるか認めないかで大きな差が生まれるためです。 「生物的には人間だけど認識では人間ではないという矛盾」 実はSNS上でも起こっていたり・・・

こちらの記事では人の命は「名前があるかどうか」で決まると書いています。では、名前がある人間の間の差を生み出すのは何でしょう?私は「共感数」だと考えます。「かわいそう」「悲しそう」「楽しそう」「うれしそう」この”被共感者への推測”は命の価値を決定づけます。有名人と一般人が同時に死んだら確実に有名人がより悲しまれます。(認知度などの差が共感数に影響する)これが命の価値にもなります。

 

後半は本題と内容がずれてしまいましたが・・・・

 

 

という事で今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました