釣りをして人生とか成功について考えた話~初々しい初釣り体験~

私の考え方
この記事は約3分で読めます。

最近海釣りを初めて、いろいろと考えるところがありました。今回はその内容についてです。

どんな釣りを始めたか

 

始めた釣りは「チョイ投げ釣り」というもので初心者でもキスやハゼなどを手軽に釣れる釣りで、オモリとゴカイやイソメなどの虫エサを使用して海底に生息する魚を釣るものです。ちょい投げの他にもサビキ釣りやルアー釣りがあります。

【チョイ投げ超入門】仕掛け・時期・ポイント・釣り方を元釣具屋が解説!
サビキ釣りと並んで海釣り入門の王道ともいえるチョイ投げ。ビギナーの方でもキスやハゼなどを手軽に釣れるとても楽しい釣りです。そんなチョイ投げのシーズンや釣り場、仕掛け、釣り方を詳しく解説します。

釣り中に考えたこと

釣りをする中でいろいろと考えるきっかけとなった行動は・・・

①イソメ(餌)をつけるとき

②釣れるまでの時間

③釣れた後

の三つに分けられます。

OWABLOG
OWABLOG

それぞれについて詳しく書いていきます!

イソメをつけるとき

釣りに不可欠な餌であるイソメはもちろん生きています。

でも、これがめちゃくちゃ気持ち悪いんです。

ミミズとゲジゲジを足して2で割ったような・・・

見た目のインパクトと動きから全く触れませんでした。

OWABLOG
OWABLOG

釣り針だけを使って付けました・・・ 今度から人工餌使おうかな

ここで感じたのが、「どんなことでも始めるのはつらいな」というものです。

何かしたいことがあっても最初の一歩を踏み出すのは大変です。

しかもどうすれば良いかも全く分かりません。

だから私たちは最初の一歩を踏み出すために多くの準備をします。

 

でもやってみなくては何もわからず、完全な対策なんてできません。

結果、やりたいことに対するやれない理由が増えていってしまいます

 

イソメとの格闘で分かったこと・・・

とりあえず挑戦してみて対策を考える!

釣れるまでの時間

釣りはゲームのように短時間でホイホイ釣れるものではありませんでした。しかも初心者なので魚が食いついたかどうかもよくわかりません。

はっきり言って暇なんです!

だから瞑想(?)したり、ぼーっと海面を見ていました。

すると時々海面をはねている魚がいることに気づきました。

この海には魚なんか存在しないんじゃないかと思っていた自分からするとテンションが上がる光景でした。

 

この時感じたのが「世の中にはチャンスが転がっているけどそれを手にするのは時間が必要だ」というものです。

何かで成功したくても開始当初は誰も見向きをしてくれません。

でもいつかドカンと行くことを信じて継続するしかないのです。

OWABLOG
OWABLOG

このブログも成果が全く見えないけど、頑張って書いています・・・

 

釣れるまでの時間で分かったことは・・・

成功したいなら継続しろ!

釣れた後

2時間程度粘って何とかハゼを一匹釣れました。

 

人生初だったので家で料理しようと思い魚を持ち帰りました。

そんななか「命を奪うことに対する動揺」を感じました。

ただ釣られただけで殺されてしまう・・・

頭を切ったり、塩で粘り気を落とすなどしていく中でめちゃくちゃ動揺しました。

 

しかし、自分が毎日食べる食材は生きている姿を直接見ていないだけで大量にあります。

そんな犠牲のおかげで生きているんだと改めて知りました。

OWABLOG
OWABLOG

釣りを続けていくと、こう思わなくなるのかなぁ?

命の価値って区別ない?それとも不平等なもの?~戦争映画からSNSの誹謗中傷を捉える~
戦争映画から命の価値を考えます。答えは「名前」。理性を認めるか認めないかで大きな差が生まれるためです。 「生物的には人間だけど認識では人間ではないという矛盾」 実はSNS上でも起こっていたり・・・

釣った後に分かったこと・・・

命の大切さ

 

今後も初心忘れずに釣りを楽しみます!

ということで今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました