市場主義、資本主義の限界がきているのか?~映画「21世紀の資本」から~

おすすめ映画
この記事は約4分で読めます。

最近、映画「21世紀の資本」を見ました。

21世紀の資本を書いたトマ・ピケティは世の中が成熟すると資本主義は平等になる、というクズネッツの定説をひっくり返し「現代は第一次世界大戦前の不平等な時代に戻ってしまっている」と警鐘を鳴らしています。

映画『21世紀の資本』公式サイト
5月22日(金)より全国順次公開!|300万部の世界的大ベストセラーの映画化!あなたが金持ちになるか、貧乏になるか?その答えは、この映画が教えてくれる

OWABLOG
OWABLOG

WW1以前は、金持ちは資産(資本)を相続していたため富が集中してしまっていた

21世紀の資本を簡単に解説

本書を語るうえで重要なのが・・・

r(資本収益率)>g(経済成長率)

これは、資本収益率(不労所得)での収入が経済成長率より大きくなるという内容です。

不労所得とは、株や不動産のような「労働をしなくても収入が入る仕組み」のことです。

 

21世紀の資本で、サイモン・クズネッツ氏が提唱した「工業化が進んで経済成長が進むと、最初のうちは所得格差が拡大するが、経済発展の進展につれて次第に所得格差は縮小されていく」という考えを否定しました。

OWABLOG
OWABLOG

クグネッツ氏は1913年~1948年のアメリカのデータから導いたけど、ピケティ氏は20ヶ国からのデータ、並びに古代ゼロ年からの推移と2100年までの予測という2000年分のデータを調べた!

 

解決策としてタックスヘイブンなどで税金を支払わない多国籍企業や、裕福層への課税を行うべきだとしています。

また私たちがお金持ちになるには、「資本を手にし、不労所得を得る!」という事になります。

 

ここで終わるのは歯切れが悪いので、市場経済について深堀りします。

劇中でも市場の敗北で表されるように市場主義を否定する場面もありました。

ということで、資本の集中以外にどんな理由があるのか調べてきました!

道徳か?価値か?

以下、マイケルサンデルさんの本「それをお金で買いますか」をもとに書いていきます。

この章でキーワードとなるのは道徳価値です。

【トロッコ問題】5人と1人どちらを助けるか~暴走する路面電車~
トロッコ問題には功利主義の考えと道徳観念のせめぎあいです。「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」
オメラスから歩み去る人々【あらすじ・全文】~功利主義か道徳か~
功利主義と道徳のせめぎあいの話「オメラスから歩み去る人々」 現代の格差問題にも通じる問題です。ベンサムの量的快楽主義(快楽は量で決まる)・ミルの質的快楽主義(快楽は量では決まらない)の観点、また、道徳的観念から考えていきます。子供の基本的人権を抑制すべき?
ミニョネット号事件に対する意見~功利主義と道徳~【人を殺して生きる】
ミニョネット事件を功利主義と道徳の立場からそれぞれ考えていきます。そして、もし現実でおこったらどんな判断が下されるのでしょうか?緊急避難の原則の成立条件とは? 命の価値についても考えていきます。

道徳について深堀り

お金を払って絶滅危惧種を撃つ

お金を払って列に割り込む

お金を払って妊娠させる

お金を払って臓器を手にする

これらの行為は私たちにいくらかの抵抗感を感じさせます。

お金があれば一般常識を破ることができるのです。

私たちはこれらの行為を道徳的側面から否定します。

しかし、市場主義経済は道徳を排除しているのです。

OWABLOG
OWABLOG

道徳的批判は総じて、第三者から起こる

価値について深堀り

お金を払って絶滅危惧種を撃つ

お金を払って列に割り込む

お金を払って妊娠させる

お金を払って臓器を手にする

この行為を単に価値を基準に考えてみます。

お金を払って絶滅危惧種を撃つ行為は一見すれば金持ちの道楽に見えますが、そのお金で何頭もの絶滅危惧種を救っているとしたらどうでしょう?

列に割り込む行為も、代わりに割り込んだ人はその分の報酬を手にし自分の生活の足しにできます。

妊娠も臓器売買も、売り手と買い手双方の合意によって成り立ちます。

これは市場経済の基本です。

 

しかしここに道徳観念は入ってきません。ただ「その価値はいくらか」で判断されるのです。

共通善

これまでの世界は、「何か判断するときは客観的に」が基本でした。

しかしマイケルサンデル氏は、「共通善」が必要だとのべています。

※共通善とは、社会や共同体の持つ共通の道徳的観念

 

これは、市場経済にも反映できます。

何を売り、買うべきかをただ価値だけで判断しなくなれば市場主義の新たなステップが生まれてきます。

 

21世紀の資本の結論である「タックスヘイブンなどで税金を支払わない多国籍企業や、裕福層への課税」が進まない理由もここにあります。

なぜ税金を集め、何に使われるのか”共通”して理解できれば道が開けそうです。

 

 

 

 

ということで今回以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました