映画をプレゼンテーションで!~「ゲド戦記」のあらすじ、結末など~

おすすめ映画
この記事は約5分で読めます。
ゲド戦記【映画感想・評価・レビュー・あらすじ】~テルーの唄や生きる意味について深読み~
「一生に一度は、映画館でジブリを。」 ことばは沈黙に 光は闇に 生は死の中にこそ あるものなれ 飛翔せる夕方のタカの 虚空にこそ 輝ける如くに 『エアの創造』

こちらの記事をもとにプレゼンテーションを作っていきます。

流れを決める

すでにブログ記事にしてあるので構成をあれこれ決める必要はないですが、一般的に「序論・本論・結論」の順に書いていきます。

OWABLOG
OWABLOG

序論部分である程度の結論を書くor述べるのはアリ!

記事から要素をコピペしたものになります。

適当に文字の大きさや色を変えてあるので、黒一色よりは見やすいかも・・・

全スライドのフォントや文字の大きさをそろえていけば、まぁ及第点・・・かな

OWABLOG
OWABLOG

内容は完成でいいかもしれないけど、何と言ったってデザインがひどい・・・

では、ここから一枚づつ作り方を徹底的に説明!

題名

一枚目は「プレゼンテーションの顔」なのでこだわっていきたいですね!

ゲド戦記と言えばグレー系の色のイメージ(ここは個人的感覚でOK)なので・・・

グレー系なのでこういったデザインにしてみました。(もうちょい良いデザインあったかも・・・)

まず、この縦文字表示の方法です。

「挿入」から「テキストボックス」を選択します。

テキストボックスの下に上向き「くの字」部分を押し、任意のスライド上をクリックすると縦文字を打ち込めます。

また縦文字=書道っぽいイメージがあるので、それっぽいフォントにもしてあります。

※画像サイズ圧縮しすぎで見づらいかもしれません

次は背景の色の替え方。

スライドを右クリックして、「背景の書式設定」をクリックすると・・・このような項目が出てきます。

OWABLOG
OWABLOG

今回は上下のグラデーション+濃い青色で薄い青色を挟んでみました!一度自分でいじってみるとすぐ分かるので試してみてください

 

ちなみにニワトリとビデオのアイコンは「挿入」→「アイコン」で選べます。

 

※画像サイズ圧縮しすぎで見づらいかもしれません

OWABLOG
OWABLOG

画像編集アプリを使ってこんな一枚目も制作 この記事のアイキャッチに採用!

監督・原作者紹介

背景は一枚目と同じタッチで、顔写真があると分かりやすいかなと思い載せました。

ちなみに角のとんがった写真だととげとげしいので、図の形式から写真の角を丸くするデザインを加えました。

あらすじ

あらすじは文字が多すぎてプレゼンに載せるには適していません。しかし、大切な情報です。

そこで全体を二つ(後で前半部分をさらに二等分)にしました。

また、ホーム→図形から四角形の図形を選び、そこに文章を載せました。

OWABLOG
OWABLOG

図形上を左クリックすると文字が打てます。(色が背景と同じで見えないことがあるので、文字の色にも注意!)貼り付けしたい文をコピーして、図形上を右クリックして貼り付けも可能

こんな感じであらすじを二つに分けました。(図形の背景もあとで黄色に変更)

この後背景をかっこよくしたいなと思ったので、ゲド戦記のポスターを持ってきました。

 

 

ここからは応用です。(飛ばしてもOK)

 

ポスターにグラデーションを使って、それとなく背景にします

OWABLOG
OWABLOG

ここから複数の要素(文字や図形)が重なり合います。もし、重なり方が変になったらホーム→配置をいじってください

まず、四角形の図形を持ってきます。

図形の書式を開き(図形を右クリックで選択)左右のグラデーションを選択します

また、「透明度」という欄をいじって背景のポスターがうまい具合に見えるように調整・・・

そのあと、あらすじの最終デザインをします。

あらすじを三つに分け、フォントと大きさをそろえます。

OWABLOG
OWABLOG

特に重要な部分だけ色を変えたり、サイズを大きくしています

途中に挟まっている矢印は図形から選択。

テルーの顔をみてハイタカが驚いたわけ

スライド5枚目「テルーの顔を見てハイタカが驚いたわけ」と7枚目「ハイタカは不老不死を目指したのか?」は、情報量が少ないので一つにまとめます。

色違いで二つ作ってみました。

こちらも直接語られていませんが、ラストシーンでテルーが龍になったので・・・ テルーの中に龍の存在を認めたからでしょう。

ハイタカはテルーの中に龍の存在を認めたから!

この謎は、クモがアレンを引き込むためについた嘘だとも考えられます。​

しかし真実だとしたらなぜなのか?​

調和を乱す原因である生と死の扉をこじ開けるクモに対抗するためだと考えるのが妥当です。

調和を乱す原因である生と死の扉をこじ開けようとするクモに対抗するため

このパートで話すのは「元の文章から重要な部分だけを抜き出す」ことの重要性です。

その文章からさらに重要な部分のフォントを変更しました。

OWABLOG
OWABLOG

見やすさ+分かりやすさ

ゲド戦記のテーマ

OWABLOG
OWABLOG

最後は最難関にして最重要の部分(結論)です!

シンプルにしてみました。

まずは文字数を大幅に減らしました。

そのうえ、アニメーションを使って「青」→「赤」→「黒」の順で文字が登場するようにしました。

文字を一緒に出す方法は、アニメーション→アニメーションウィンドウで設定可能です。

※このスライド(web版)では結末のアニメーションはバラバラに出てきません

コメント

タイトルとURLをコピーしました