卒業式の答辞を晒す ~三月九日から始まる答辞~

私の考え方
この記事は約3分で読めます。
モチベーション爆上げ!【私が生徒会長になった理由】
自分が、生徒会長になるまでの軌跡 価値観の変化→学校をさぼる→本を読みまくる、映画を見まくる→生徒会長に 価値観の変化 高校のプログラムでフィリピンに行った時の話です。 ゴミ山や子供保護施設、NPO法人ICANの...

答辞の下書きが出てきたので晒します!

OWABLOG
OWABLOG

結構評判が良かった!?です

 

答辞

流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じます。せわしく過ぎる日々の中に私とあなたで夢を描く。三月の風に思いをのせて桜のつぼみは春へと続きます。

OWABLOG
OWABLOG

レミオロメンの「三月九日」の歌詞を時候の挨拶にもってきてみました

レミオロメン – 3月9日(Music Video Short ver.)

 

本日は多くのご来賓の皆さまのご臨席を賜り、お世話になった皆様方の下卒業式を迎えられたこと心より御礼申し上げます。

三年前、校門をくぐってからせわしなく日々が過ぎていきました。

OWABLOG
OWABLOG

せわしなくの部分は歌詞と対応させるため入れたけど誰にも気づかれなかった・・・

 

一年生。狂ったように踊るダンスに驚いた文化祭。一年後には自分が狂ったように踊っていました。

二年生。沖縄の方が良かったと思いながら行った台湾研修旅行。沖縄以上に楽しみ、学びました。

三年生。勉強、勉強、勉強。それまで遊んできた分を取り返すように勉強をしました。そして今も続いています。

三年間を通し、笑って、悲しんで、楽しんで、恋をして。日本全体、世界全体から見れば誰しもが通る普通の道。普通の日々。普通の生活。そんな普通が特別でしたありがとう。

OWABLOG
OWABLOG

この部分は個人的にめちゃくちゃ気に入っている部分です

普通で特別な日常は今日で終わります。今日限りで一生会うことのない人もいるでしょう。今日が、ここにいる全員の顔を見ることのできる最後の日です。そんな皆さんに伝えたい言葉があります。

 

To see the world, things dangerous to come to, to see behind walls, to draw closer, to find each other and to feel. That is the purpose of life.

世界を見よう。危険でも立ち向かおう。壁の裏側を覗こう。もっと近づこう。もっとお互いを知ろう。そして感じよう。それが人生の目的なのだから。

映画「LIFE!」 《人生が変わる》6分間予告篇

これは、映画「LIFE!」に出てくる言葉です。どうすれば世界を見れるのか。どうすれば危険に立ち向かえるのか。その答えは自分から行動することです。

 

自分の足、手、鼻、口、頭、全てを使い行動するのです。頭の中に知識だけを蓄えていても意味はないのかもしれません。行動して初めてあなたはあなたになるはずです。

行動しよう。そして良いことをしよう。

最後に先生方と保護者の皆さんに感謝の気持ちを伝えます。

先生方。数えきれないほどの宝物を、そして愛をいただきました。本当にありがとうございました。

保護者の皆さん。自分の行いは自分の責任。そう言われる年齢となりました。しかしまだまだ迷惑をおかけします。これからもよろしくお願いします。そしてこれまでありがとうございました。

 

わたしたちをこれまで支えてくださったすべての方々に感謝を申し上げるとともに、○○高校のさらなる飛躍を心から願い答辞とさせていただきます。

 

 

 

ということで今回は以上です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました