親と話して東京で暮らし続けることにした話

私の考え方
この記事は約3分で読めます。

みなさんこんにちは。まきまきです。

最近、こんな本を読みました。サムネイルにもなっているこれ。サンドウィッチマンの「復活力」です。サンドの二人が2007年のM-1グランプリで優勝するまでの物語を書いた話です。文庫版になったのを読んだので、みなさんもぜひ!笑

まあ本題に入りますと、この本を読んで僕が真っ先に思ったのは、「自分が今できることを精一杯やらなきゃ!」ということです。そして、まず決めなきゃな!と思ったのは、「来年どこに住もう?!」でした。

今僕は東京の学生寮に住んでいます。もちろん親に月何万かの家賃を払ってもらっているわけです。でもね、地方の大学に通っているみなさん、そして大学生以外のみなさんにはわかんないかもしれないんですけど・・・

うちの大学(なお首都圏の私立です)、ほとんどオンライン授業なんじゃあ!!(千鳥のノリで)

いやほんと冗談抜きでそうなんですよ。まあ規模を考えればそうなのかなーとも思うんですけど。でもそうすると考えません?「別に東京にいなくても実家で授業受ければよくない?」ってね。おまけにうちの学生寮は来週に継続審査といって、来年も寮に残る学生を決める審査があります。なので、ここで来年東京に残るか実家に帰るかを決断する必要があったんです。

いやほんと悩みました。何人かの友達にはLINEで相談したり、実際にあって話したりしましたし、昨日横浜まで野球をみに自転車で往復90キロ走った時も、頭の中でグルグルずっと考えてましたよ。

え、横浜まで行った話が気になる?まあそれはまたの機会に・・・

まあ結論から言いましょう。僕は来年も東京に残って、学生寮にいようと思います。

「学生寮にいればいろんな友達と喋れる」とかいうメリットがあるのはもちろん知ってますよ。じゃあ何が引っかかってたって?お金ですよ。家賃ですよ。だって月何万を払ってもらってるんですよ?おまけに僕は一浪してますから予備校にも通いました。なのでその分も現役生より余分にお金がかかってますし、コロナ禍の中で少しでも節約したいと思いませんか。やっぱり浪人すると、お金のありがたさ(と、それを払ってくれる親のありがたさ)がわかりますよ。まあだからってみんなに浪人しろとは言いませんけど。むしろみなさん現役で行った方がいいですよ?笑笑

ですが、親にそれを話した時、「まあ今はまだ大丈夫だからそっち(東京)で頑張ってみたら?」って言われました。まあ嬉しかった。というわけで、僕は来年も東京にいて勉強を続けようと思います!

しかし一つ問題があるとすれば、「カーリングどこでやろう?」ってことなんですね。なんか大学生になってからカーリングが無性にしたくなってきましてね、おまけに僕、中学校のときカーリング部だったんですが、その時に軽井沢アイスパークのスタッフに憧れましてね、「カーリングの先生やってみたい!」なんて思ったんですよ。なので今の目標の一つは「軽井沢アイスパークでカーリングのバイトやりたい!」です笑

軽井沢アイスパーク|軽井沢風越公園
スケート、フィギュア、カーリング、アイス...

というわけで、しばらくは東京にいますが、長期休みなどは軽井沢に帰ってアイスパークでカーリングのバイトしてるかもしれないです。どこかで会ったらその時はよろしくお願いします笑笑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました